Kayoko Yamashita

Kayoko is a qualified primary, secondary school teacher in Japan, and has worked in schools in Japan and England. She graduated from The University of Nottingham with an MA in Special Needs Education. She has worked with children who need additional support to acquire English or with special needs in schools. As Jolly Phonics is accessible to a wide range of children, Kayoko has seen that it boosts their self-esteem, giving them the confidence to read, write, listen and speak English. She firmly believes Jolly Phonics programme will provide a secure and inspiring foundation for children to learn English in Japan. She visits Japan several times a year, giving training across the country. She has also written Jolly Phonics Books in Japanese.

 子どもたちが自分の力で英語を読み書きしていく姿を見て、ジョリーフォニックスの系統だったプログラムの力に日々すばらしさを感じています。日本の小学校で通常の学級と特別支援学級で担任をし、渡英。イギリスの現地の小学校で勤務し、2004年にジョリーフォニックスに出会いました。ノッティンガム大学で特別支援修士号を取得。子どもたちの「できた!わかった!楽しい!」という笑顔をモットーに、2013年から日本でジョリーフォニックス総合トレーニング、公立小学校での児童への指導・教員研修、発達障害のある子どもたちへの支援を行っています。「はじめてのジョリーフォニックス」「はじめてのジョリーフォニックス2」(東京書籍)監訳、「ワーキングメモリと英語入門多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案」(北大路書房)共著、「DVDジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業」(ジャパンライム)、「目指せ!英語のユニバーサルデザイン授業」(学研)や「小学校外国語アクティビティ50」(明治図書)、雑誌、論文などに寄稿。